この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

スポンサーリンク

 

子供の服やバッグにアイロンワッペンをつけたあと、
「そういえば、一度つけたワッペンってちゃんと取れるのかな?」
と考えたことはありませんか?

スポンサーリンク

私は今年、子供が幼稚園に入園したときに、園服やバッグにたくさんアイロンワッペンをつけました。

「持ち物が分かりやすいように、ワッペンなどの目印をつけてください」
と幼稚園からお話もあったので、子供の好きなキャラクターのワッペンなどをつけたのです。

今のところ子供は喜んでくれていますが、大きくなって好みが変わったら、
「おかあさん、このワッペン取って!」
と言われる日が来るかもしれません。

また、もしキレイなまま着終えたら、誰か欲しい人にお下がりであげられるかも…。
その時にも、ワッペンなどは全部取ってからあげたいですよね。

知っておいて損はない!アイロンワッペンの取り方をご紹介します。

アイロンワッペンの上手な取りかた

アイロンの熱でつけるワッペンは、取るときも熱を使って取ります。
熱で溶けて布にくっついたノリを、もう一度熱で溶かしてはがしやすくするのです。

アイロンを使う

やり方は簡単!
まず当て布を置いて、ワッペンをつけたときと同じ温度でアイロンをあてます。
幼稚園で使う服やバッグなら、だいたい中~高温ですね。

このとき、ワッペンをつけたときのように、力を入れてぎゅーっと押さないように注意してください。
ワッペン全体に熱を加えるイメージであてましょう。

そのあと冷めないうちにワッペンを取るのですが、熱くなっているのでやけどに気をつけて!
必ずピンセットやようじなどを使って、端からゆっくりと取ってください。
アイロンをあてるときに、とがった先の部分で軽くつつくと、端が浮いて取れやすくなります。

また、スチーム機能のあるアイロンはぜひスチームをかけてください!
スチームをかけながらアイロンをあてると、ノリも残りにくいですよ。

ドライヤーを使う

アイロンを出すのが面倒なときは、ドライヤーでも代用できます。
ドライヤーの温風で熱を加えてはがす方法です。

手順はアイロンの時と変わりません。
温風でワッペンに熱を加え、全体が温まったらピンセットなどで端からゆっくりと取ります。

ですが、ドライヤーはアイロンより低温なので十分温まるまでには時間がかかります。
早く均一に熱が加えられるアイロンのほうがおすすめですよ。

残ってしまったアイロンワッペンのノリをキレイにとる方法

一度でキレイに取れればいいのですが、しっかりつけたアイロンワッペンはノリが残りやすいです。
せっかくワッペンが取れても、ノリが残っていては見た目が汚くてちょっとイヤですよね…。

次は、残ったノリをキレイに取る方法をご紹介しましょう。

もう一度アイロンを使う

残ったノリの上に当て布を置いて、もう一度アイロンをかけてみましょう。
当て布にノリが移ってキレイに取れます。

一度で全部取ろうとしないで、何回かに分けて少しずつやってみるとうまくいきますよ。
それでもまだ取れなかったら、当て布を水で湿らせてからアイロンをかけてください。

水分が多すぎるとうまくいかないので、霧吹きなどを使うのがおすすめです。

ガムテープを使う

アイロンを使ってもダメなら、ガムテープです。
ノリの部分を少し湿らせて、ガムテープを貼って軽く押さえてからはがすのをやってみてください。

このとき強く押さえてしまうと、今度はガムテープのノリが生地に残ってしまうことがあるので要注意です!

もうひとつ注意点があります。
紙のガムテープではなく、丈夫な布ガムテープでやってくださいね!
紙のガムテープは弱いので、破れて失敗してしまうことがあります。

エタノールを使う

ガムテープでもダメなら、エタノールを使ってみましょう!
薬局やドラッグストアならどこでも手に入る、消毒用のエタノールです。

エタノールを綿棒につけてノリの部分を軽くこすると、ノリがポロポロとはがれてきます。
あとは乾いた布などで、そっと払えば落ちます。

エタノールは布地を傷めることがあるので、使うときは少量にしておきましょう。
確実に取りたいからといってたっぷりつけても逆効果ですよ。

シールはがし剤を使う

今までご紹介した方法でもノリが取れなければ、最終手段です。
市販の「シールはがし剤」を使いましょう!
シールはがし剤は、文具店や百円ショップでも売っています。

ノリをはがすための薬剤なので、簡単に、間違いなく、キレイに取れますよ。
もちろん、子供が家具や窓に貼ってしまってはがせなくなったシールも取れます。
お子さんがいるご家庭では大活躍の1本ですね。

まとめ

つけるときは「取れないように!」と、しっかりつけたアイロンワッペン。
取りたいときも、同じような手順で取れることが分かりました。

これで子供の好みが急に変わっても、お下がりのリクエストが来ても安心です(笑)。

ワッペンの正しい取りかたって、知っている人は意外と少ないように思います。
有益な情報なので、ぜひ他のママ友にも教えてあげてくださいね!

 

スポンサーリンク