この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 
街に出るとイルミネーションが彩られ、気分もウキウキしてきますね。クリスマスに向けて、準備はもうされていますか?
 
 
「年に一度のクリスマス、心に残る思い出を恋人と作りたい…。でも、そんな私の彼氏はクリスマス嫌いで、どうしたらいいの?!」
 
 
と困っていませんか?
 
 
実は私自身、クリスマスなどのイベント事が嫌いで。彼氏さんの気持ちがわかりますよ…。お互いにクリスマスが嫌いで、当日何もしなかったこともありました。
 
 
後になって、やっぱり思い出を作っておけばよかったなと後悔…。
 
 
あなたが今のまま当日を迎えても嫌な思い出になっちゃいます。
 
 
でも、せっかくのクリスマス、一緒にいい思い出を作りたい。そんなあなたのお気持ちもよ~くわかります。
 
 
そこで、クリスマス嫌いの彼氏目線で、気を付けてほしい点をこの記事ではご紹介します。ぜひ参考になさってください。

 
 

スポンサーリンク

クリスマス嫌いの彼氏!大事なのはその理由。

 

 
「なぜクリスマスが嫌いなのか、理解できない…」というあなた。
 
 
そこには様々な理由があるんです。それらを知っておくことで、クリスマス嫌いなあなたの彼氏も、当日一緒に楽しむことができます。
 
 
まずは「理由を知ること」知らなければ対策のしようがありませんものね。

 
 

スポンサーリンク

人混みが嫌い

 
 
これが理由のほとんどです。
 
 
クリスマスらしいことをしようとすれば、そこには人混みが付き物。 レストラン、イルミネーション、テーマパークなど、どこも混雑していますよね。
 
 
男性は特に、こういった人混みが嫌いなのですよ。

 
 

プレゼント選びが億劫

 
 
どれがいいかわからず、悩む時間が惜しいと考えてしまうのです。せっかく選んでも喜んでもらえなかったらどうしよう、と不安に感じています。
 
 
私はプレゼント選びにとても時間がかかるタイプなので、イベント事を避けたくなってしまいます。

 
 

周りの雰囲気が苦手

 
 
見慣れた場所でも、クリスマスソングが流れ、飾り付けがされていると雰囲気が変わるものです。更に周りはカップルが多い…となると余計に恥ずかしくなってしまうんです。
 
 
クリスマス、という特別なふわふわっとした雰囲気が落ち着かないんですね。

 
 

家庭でクリスマスを祝ったことがない

 
 
これがあるのとないのとでは、結構違います。
 
 
「多くの日本人には関係がないのになぜ祝うの?」と聞かれたことがありました。
 
 
やる必要性を感じない、周りがやっているからって流されるのが嫌、と考えているのです。
 
 
4つの理由をご紹介しましたが、いかがでしたか?
 
 
「私の彼氏に当てはまるかも」というものがあったと思います。
 
 
彼の気持ちを少し理解した上で、次は「理由を聞くこと」予想を確実なものにできますし、詳細を聞くことで、細かく対策ができますよ。
 
 
例えば、「小さい頃食べたクリスマスケーキが甘すぎて、それ以来嫌いなんだ」と聞いたとしたら、甘さの控えたケーキを用意することができますね。
 
 
クリスマスの準備はこういったリサーチがとっても重要です。
 
 
次の章では、これらのクリスマス嫌いの理由を踏まえた、おすすめの過ごし方をご提案します。

 
 

クリスマス嫌いの彼氏とどう過ごす?

 

 

自宅でクリスマスパーティーをする

 
 
自分たちだけなので人混みも関係なく、周りの雰囲気も気にする必要がありません。外よりもリラックスできます。
 
 
飾りつけも調整できるので、落ち着いた雰囲気を作ることができますよ。
 
 
どうしてもおしゃれなレストランで食事がしたいのであれば、予約をしておきましょう。とにかく、長時間待たせることは避けたいですね。
 
 
人混みが嫌いでイルミネーションを見に行けない場合でも、展望レストランを予約すれば、綺麗な夜景を落ち着いて見れますよ。

 
 

プレゼントは事前に指定する

 
 
サプライズのわくわく感はなくなってしまいますが、選ぶのが億劫だと思われることはありません。
 
 
私もこれをして、「その方が気が楽で助かる」と言われました。
 
 
2人で一緒に出掛けて、お互い欲しい物を買ってもらうというのもいいですね。一緒に過ごした思い出もできます。

 
 

家族と過ごしたクリスマスを紹介する

 
 
「クリスマスを祝ったことがない、そんな必要あるの?」と言われたら、あなたが紹介するのはどうでしょうか?
 
 
家族とはここへ行った、これを食べた。何でもいいんです。それを2人でやってみてください。相手のことを知れるってとっても幸せで、嬉しいことですよ。
 
 

ちょっぴりわがままも言っちゃう

 
 
ここまで、クリスマス嫌いな彼のためにできること・気を付ける点をご紹介しました。
 
 
ですが、全部を彼に合わせてしまっては、今度はあなたが楽しめなくなってしまいます。彼に嫌いな理由を聞いたように、あなたがなぜクリスマスを彼と過ごしたいのか伝えてみてくださいね。
 
 
「クリスマスが苦手なのに、予定を空けてくれてありがとう。思い出を作りたいの。少しだけイルミネーションを一緒に見たいな」
 
 
など、彼の気持ちを理解した上であなたのわがままも叶えちゃいましょう。こうした伝え方なら彼も嬉しいはずですよ!

 
 

おわりに

 
 
クリスマス嫌いな彼でも、少し気を付けるだけで一緒に楽しめそうですよね。
 
 
あなたも、彼も、素敵なクリスマスを過ごせるように、2人に合った過ごし方を見つけてみてくださいね。

 
 
 

スポンサーリンク