この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 
お正月は美味しいごちそうや楽しい日々が続いて、幸せな気分になりますよね。
 
 
そろそろイベント事がひと段落して、体重計の数字に驚いていませんか?
 
 
すごく焦りますよね。私は毎年、このお正月独特の誘惑に負けてしまい、正月太りの流れに乗ってしまいます。
 
 
年始から太りやすい習慣ができてしまうと、どんどん太る一方ですから、正月太りは今すぐ解消しておきたいですよね。
 
 
私の毎年の経験から言うと、早めに手を打つことと、ちょっとした点を注意すれば、割とすぐに正月太りは解消します。
 
 
この記事では、私が実践している、正月太り解消に効果的な食事制限や運動をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 
 

スポンサーリンク

美味しいものを食べたから、あとはガマン!食事制限編

 

 

スポンサーリンク

規則正しい生活!朝ご飯を食べる

 
 
年末年始はアルコールやカロリーの高い食べ物が溢れるイベント事が多いですよね。
 
 
夜の飲み会なども多くて、生活リズムが乱れていませんか?規則正しい生活を送ることが、正月太り解消の第一歩です。
 
 
まずは朝起きて、朝ご飯をしっかりと食べましょう。
 
 
朝ご飯には、納豆やヨーグルトなどの発酵食品を食べて、便通を良くするように心がけてください。
 
 
朝からお雑煮の残りを食べる場合は、お餅を少なく、具材や汁を多めにして、なるべく炭水化物を控えるようにしましょう。

 
 

夕飯は早い時間に食べ終わる

 

 
寒い季節なので、エネルギーも思っている以上に浪費します。
 
 
食事を取ることは重要で、3食しっかり取ることをおすすめしますが、夕飯の時間は早めに取りましょう。
 
 
年末年始の深夜まで飲食をする生活に慣れてしまっていると、しばらく辛いかもしれませんが、ここは我慢です。
 
 
満腹状態で寝てしまうと、消化不良を起こしやすく、胃腸にも負担をかけ、不眠やむくみ、便秘の原因にもなります。これでは正月太りも解消されません。
 
 
夕飯を早い時間に食べ終わり、夜も早めに寝て、朝は早く起きるという規則正しい生活を送りましょう。

 
 

質、量の見直しで胃腸を整える

 

 
お正月の料理は水分、糖分、塩分が多いので、普段よりむくみやすくなっていませんか?
 
 
炭水化物を少なめにしたり、野菜など食物繊維の豊富な食材を積極的に摂るようにしたり、食べ物の質や量を見直しましょう。
 
 
ごちそう続きで、食べる量が多いことに慣れてしまっているかもしれませんが、腹八分目、七分目くらいで十分です。
 
 
物足りないなと思うところで、食べることをやめる習慣を付けましょう。
 
 
咀嚼回数を増やすと、満腹感も得られますし、15分程度経つと、物足りなさも感じなくなります。
 
 
1月7日の朝に食べる七草粥は、一年の無病息災を祈る食べ物です。
 
 
お正月の荒れてしまった胃腸を整え、疲れを癒す、健康的なダイエット食です。
 
 
七草にはそれぞれ縁起の良い意味もあり、栄養も満点で、正月太り解消にも効果的ですよ。一年の健康を願いながら、ぜひ作ってみてくださいね。

 
 

帰省先でもOK。場所を選ばずにできる運動編

 
 

できるだけ歩く

 
 
正月休みはイベント事や約束でもない限り、寒くて引きこもりがちになりますよね。
 
 
正月太り解消のためにも、天気と相談しつつ、まずは一歩外に出てみましょう。
 
 
神社参拝やお正月セールなどで外出する際は、できるだけ歩くように心がけましょう。
 
 
特にお店や駅などでは、エレベーターやエスカレーターの利用を控え、階段を使うことをおすすめします。
 
 
混雑していても、階段は比較的空いているので、ストレスもかかりませんよ。
 
 
歩く時、階段の上り下りをする時は猫背にならにように、姿勢を正すことに気を付けてください。
 
 
綺麗な姿勢を意識することで、体も綺麗に引き締まっていきます。

 
 

電車、バスでは立って体幹トレーニング

 

 
電車やバスに乗る時は、絶好のチャンスと思って、立つようにしてみてください。
 
 
不安定な揺れの中、立っているだけで、体幹トレーニングになり、インナーマッスルが鍛えられます。
 
 
足は肩幅に開き、お腹に少し力を入れて、姿勢よく立ちましょう。余裕がある時はかかとも浮かせてみると、足の筋肉も鍛えられます。
 
 
急な大きな揺れに備えて、手すりやつり革は軽くつかんでおいてくださいね。
 
 
運動のためにも、目的地の一駅手前で降りて、ウォーキングすることもおすすめです。

 
 

雪国では雪かきを

 
 
雪国にいる人は雪かきを積極的に行いましょう。これが私にとって一番、効果がある運動です。
 
 
家の前も綺麗になるし、30分程度の雪かきでも汗だくになる、とても効率的な有酸素運動です。
 
 
あなたの家の前が終わったら、親戚やご近所のご高齢の方の家の雪かきも手伝ってあげてください。
 
 
おじいちゃん、おばあちゃん孝行にもなる、幸せな正月太り解消ダイエットです。一度に長時間やると腰も痛めやすいので、適度な休憩を挟むことに注意してください。
 
 
また、雪かき終了後は汗がひいて、体が冷えますので、お風呂でよく体を温めてくださいね。

 
 

まとめ

 

 
正月太りは、お正月休みの間から気を付ければ、尾を引かず、解消されるものなんですね。
 
 
暴飲暴食の習慣をなくし、規則正しい生活や食事と運動を心がけることが大切です。
 
 
楽しく過ごした年末年始を後悔するのは勿体ないですから、今からできることを適切に行って、良い習慣を身に付けてくださいね。
 
 
年始から健康的な生活を送り、一年を無病息災で過ごしましょう。

 
 
 

スポンサーリンク