この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。


 
もうすぐ節分の季節ですね。
 
 
小さいお子さんをお持ちの方なら色んな行事を一緒に楽しみたくはないですか?
 
 
そこで節分の季節といえば、豆まきではないでしょうか。
豆まきに欠かせないのは鬼!ですよね。
 
 
今ではスーパーにお豆と一緒に鬼のお面も売られていますが、せっかくなので手作りのほうが盛り上がります。
 
 
私の娘も工作が大好きで行事のたびに何か作りたがります。
 
 
子供と一緒に作るので手間も掛けたくないですし、なるべく簡単に作りたいはずでしょう。
 
 
そこで今回は材料をたくさん買わなくても、簡単にお子さんと楽しくお面が作れる方法をご紹介します。

 
 

スポンサーリンク

節分にオススメ!身近な材料で簡単に出来る鬼のお面の作り方とは

 

 
まずは、一番簡単な方法をご紹介します。
 
 

スポンサーリンク

用意するもの

  • 色画用紙
  • のり
  • 鉛筆
  • ハサミ
  • セロハンテープ
  • 輪ゴム

作り方

  1. 色画用紙で顔の大きさに合わせて切り取ります。お子様のサイズに合わせても楽しいですね。
  2. 顔のパーツを色画用紙に書いていき切り取ります。
  3. のりで顔のパーツを貼っていきます。
  4. 色画用紙を細長く切り取ったものを二つ、輪ゴムに通してお面の左右にセロハンテープで繋げます。顔の大きさに合わせて輪ゴムを二つ繋げて調節して下さい。
  5. 最後にハサミで目の部分に穴をあけます。

完成!
 
 
いかがですか?画用紙さえあれば、材料もお家にあるもので作れます。
 
 
顔のパーツなど画用紙に直接書く方法も簡単ですが、画用紙でひとつひとつ作るとリアリティも出て盛り上がります。
 
 
お子様用に小さいお面を作ってもかわいいですね。
 
 
色んなアレンジも加えられると思うので、オリジナルなお面で楽しんでください。

 
 

小さな子供も一緒に楽しめる!節分にオススメの簡単工作3選

 

 

材料はたったの3つ!紙袋を被って楽しむお面

 
 
たくさん材料を用意するのは面倒・・・。
 
 
たくさん材料を使うと後片付けも大変ですよね。
 
 
そんな時のために!たったの3つの材料でお面作りを楽しむことが出来ます。

 
 

材料

  • 紙袋(被る人に合うサイズがあればベスト!なければ100均で購入できます)
  • 黒いガムテープ
  • 毛糸(鬼の髪の毛になります)

道具

  • ハサミ
  • クレヨン
  • ボールペン

作り方

 

  1. 紙袋の持ち手を切り取ります。持ち手の部分から3センチ程横に切ってしまいます。後で角に使います!
  2. 被ったときに見えるように、目と口の部分を丸く切り抜きます。
  3. 顔のサイズに合わせて余分な部分を切り取っていきます。
  4. 紙袋に鬼の絵を描いていきます。
  5. 始めに切り取った、持ち手の部分で角を作ります。持ち手の部分をねじっていき、黒いガムテープでグルグル巻きにします。
  6. 紙袋の底が頭になるので、底の部分にガムテープを裏向きに貼っていきます。
  7. そこに持ち手をねじって作った角を貼り付けます。
  8. 空いてるガムテープの裏面の部分に毛糸を髪の毛のように張り付ければ完成です!

 

ハサミを持たせるのが嫌!そんな時はぬりえで楽しむお面

 
 
ハサミを持たせるのは小さいお子様ですと見ている側もヒヤヒヤしますし、ケガをしてしまうかもしれません。
 
 
でも自分でやりたい!やりたい!と言うのが子供ですね。
 
 
そんな時はネットから無料でダウンロードできる鬼のイラストを印刷してぬりえを存分に楽しんでから、お面にしてしまいましょう!
 
 
紙だけだと強度がないので、画用紙などに貼って耳の部分に輪ゴムをつければ簡単にお面になります。
 
 
コピー機と色鉛筆などがあればすぐにできちゃいます!お手軽に楽しめますよ。

 
 

空いたティッシュの箱を再利用して作るお面

 
 
なるべく家にあるもので鬼のお面を作りたいですね。
 
 
しかもゴミになるものを利用できれば一石二鳥な気がしませんか?
 
 
そこで、次はティッシュ箱を使ったお面の作り方をご紹介します。

 
 

材料

 

  • ティッシュの空き箱
  • 折り紙や色画用紙
  • 毛糸(なくても大丈夫です)

道具

  • のり
  • ハサミ
  • セロハンテープ

 

作り方

 

  1. ティッシュの空き箱を切り開きます。取り出し口が鬼の口になるように縦長の部分を切り開き顔の形になるようにイメージして切りましょう。
  2. 余分なところを切り、形を整えたら、全面にのりを塗っていきます。
  3. お好きな色の折り紙を破いてのりを塗った部分に貼っていきます。毛糸があれば頭の部分は毛糸で貼るとリアリティがでますよ。
  4. 目と角を作って貼ります。余分に切り取った部分を使えればいいですね!
  5. 最後に耳に掛ける部分ですが、取り出し口の開けた部分があれば簡単に作れます。なければ耳の部分に画用紙と輪ゴムなどで作ってください。

 
 
完成です!
 
 

まとめ

 

 
いかがでしたか?
 
 
小さなお子様とでも楽しく簡単に作れる鬼のお面を紹介させていただきました。
 
 
意外と家にあるものや、身近なもので作れますよね。材料も最小限にすれば準備にも後片付けにも時間を取られずに済み、その分お子様と工作の時間を楽しめます。
 
 
なるべくお子様自身で作れるものの方が、達成感を感じるかと思います。
 
 
お母さま自身も子供の成長を感じられる機会になるのではないでしょうか。
 
 
お子様と楽しい時間を過ごせますように、ぜひ参考にして下さい。

 

スポンサーリンク