この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。


 
大人になると制服とお別れして、好きなファッションに身を包めるようになりますね。
 
 
この人きれいだなぁと思う人は、一言で言えば垢抜けてる人です。
 
 
とくに、高級品を身に着けているわけでもなく、奇抜なファッションをしているわけでもない、でもなんだか素敵、そんな垢抜けてる人にあこがれてしまいます。
 
 
垢抜けた素敵な人になるには、まずはそういう人の特徴を知ることが近づける第一歩ですね。

 
 

垢抜けるとはどういう意味?

 

 
垢抜けるというのは、ちょっと古臭い言葉ですね。
現代風に言い換えると、どうなるでしょう?
 
 
辞書的には2通りの意味があるようです。
 
 
1つは、エネルギッシュな、精力的なという活力があるという意味。
もう1つは、都会的な、洗練されたというオシャレな意味。
 
 
一般に「あの人、垢抜けてるね」と誉め言葉で使うときは、後者を指しますね。
 
 
洗練された、都会的なセンスのある、オシャレな、センスがよい、趣味のよい 、ハイカラな、粋な、モダンな人・・・
 
 
「彼女、垢抜けたね」という場合は、野暮ったく目立たなかった人が、髪型や服装がハイセンスになりオシャレで都会的な雰囲気をまとうようになったということです。
 
 
どうせなら、センスの良いオシャレな人と思われたいものです。

 
 

垢抜けている人の特徴

 

◆清潔感のある身なりをしている

 

 
垢抜けている人は、パッと一目見たときに爽やかな清涼感を感じさせるような人です。
 
 
そういう人は、生活感をあまり感じさせません。育ちの良い人は自然にこういうことが身についているので、垢抜けている人が多いのかもしれません。
 
 
外出する際には、きちんと身だしなみを整えられる時間と心の余裕を持ちたいですね。

 
 

◆自分の見せ方(タイプ)を熟知している

 

 
垢抜けている人は、自分がどういうタイプかよく理解し、自分の見せ方を知っています。
 
 
人にはそれぞれかもしだす雰囲気があって、それに相応しい服装やメイク、ヘアスタイルをしているとセンスがよいと思われます。
 
 
人それぞれ似合う色が違えば、スタイルよく見える服も違います。
 
 
あなたが大学生以上ならパーソナルカラーと骨格診断をプロにお願いするのはいかがでしょう?
 
 
パーソナルカラーは、自分も一緒に鏡を見ながらいろんな色の布を顔の近くにもってきて顔移りをチェックするので、色によって顔のやつれ方が違うと自分で分かります。これ、すごく納得できるのでおすすめですよ。
 
 
骨格診断も、ストレート、ウエーブ、ナチュラルと3タイプあり、体型によって似合う服の素材やフォルムが違います。
 
 
気軽に安価にやってみたい場合は、デパートの中にあるサロンがおすすめですよ。
 
 
私は大阪の大丸梅田店でしてもらいました。パーソナルカラー診断で5000円もしないので凄く人気があり、今はなかなか予約が取れないようです。
 
 
自分のファッションや雰囲気について、プロ(他の人)に見てもらうことで客観的な自分像が見えてきます。
 
 
垢抜けたい、または自分のファッションが決まらないという人に、おすすめですよ。

 
 

◆明るい雰囲気をまとっている

 

 
垢抜けている人は、ファッションなどの外見をきちんとしているだけでなく、明るく話しやすい雰囲気の人が多いです。
 
 
ですから、多くの人と交友する機会に恵まれ、恋愛経験も豊富になる傾向があります。
 
 
気さくに話し分け、誰とでも分けへだてなく自然に接することができますが、グループに固着せず、対人関係はクールで淡泊なので、人といざこざを起こすことが少ないです。

 
 

◆健康的な生活スタイル

 

 
垢抜けている人は、外見だけでなく内面もきちんとしています。規則正しい健康的な生活習慣を自然にしている人が多いのです。
 
 
センスのよい人は、スタイルの良い人が多いです。そういう人は普段から食生活に気を配っていますし、生活全体に対する美意識が高いです。
 
 
食生活のバランスが崩れると太って体型が崩れますし、睡眠不足になるとお肌の調子が悪くなりますからね。
 
 
健康によいことはすなわち美容によいこと。
 
 
食事、睡眠、適度な運動を習慣にすることで心にも余裕ができ、ファッションにも気をつかうことができるのです。

 
 

◆自分の価値観がしっかりしている

 

 
垢抜けている人、洗練されている人は精神的にもかっこよく、自分の考えをしっかり持っています。
 
 
他の人のマネをするのではなく、自分の好きなファッションを取り入れ、自分の思うように生きているのです。
 
 
そうできるのは、自己肯定感が強く自分に自信があるからです。
 
 
本当に自信のある人は、人にそれを自慢する必要はありません。自己アピールの強い人が垢抜けないのは、自信のなさの裏返し(承認欲求が強い)だからでしょう。
 
 
自信があって自分の価値観に従って生きている、これが垢抜けた人の特徴です。

 

 

垢抜けるためのNG行為

 
垢抜けたいと思っても、やり方がよくわからなくて逆効果になってしまっては元も子もありません。
 
 
そこで、垢抜けるためにしてはいけない、気を付けたい行為についてお伝えします。

 
 

◆ブランド品で武装する

 

 
とりあえずセンス良くしたいと思ってやりがちなのが、高級品、ブランド品を身にまとうことです。
 
 
ブランド品は、確かに品質の良い物が多いですが、その個性が強く購買層をしぼったデザインの物が多いです。
 
 
自分がなりたいイメージがはっきりしていてそのブランドを選ぶなら、センス良く決まる場合もありますが、複数のブランドをあまり考えずに組み合わせたり、ブランドイメージが自分の雰囲気と合わない場合、かえって野暮ったい印象になってしまいますよ。
 
 
せっかくよい物を身に着けるのに、それではもったいないですね。ブランド品を選ぶ場合は、自分の個性に合っているか、しっかり考えて選びましょう。
 
 
家族や友達など周りの人におかしくないかアドバイスしてもらうのもおすすめです。

 
 

◆とりあえず流行にのる

 

 
自分は垢抜けないなと思っている人は、ファッションセンスがないと自覚していることが多いです。
 
 
だから、手っ取り早くファッション雑誌に載っている最新流行の物を追ってしまうことがあります。
 
 
流行に敏感なのはおしゃれをする上でよいことです。でも、センスのよい人と思われるためには、その取り入れ方が大切なのです。
 
 
ファッション誌に載っている洋服をそのまま買ってきて着てみても、似合うとは限りません。
 
 
そこがファッションの難しいところなのですが、鏡に映った自分を観察し、その洋服が自分に合うかどうかをしっかり見極める練習をしましょう。

 
 

◆いろいろ盛り過ぎてしまう

 
 
垢抜けない人は、地味で目立たないタイプの人が多いです。
 
 
だから、垢抜けたいと思ったとき、ファッションを派手にしていろいろ盛り過ぎてしまう傾向があります。
 
 
地味な自分から脱却したくて冒険するのはよいことですが、頑張りすぎるとかえって野暮ったくなります。
 
 
ファッションセンスは試行錯誤が必要です。センスのよい人も、これまでいろんな失敗をしてファッションセンスを身に着けていったのかもしれません。
 
 
頑張りすぎないと心がけながら、少しずつ冒険していきましょう。

 
 

おわりに

 

 
垢抜けてる人と思われるための近道はあるでしょうか?
 
 
大学生になるから、または社会人になるから今までと違う垢抜けた人になりたいと思うなら、まずは外見を変えるのがもっとも効果的な方法です。
 
 
自分に自信がないなら、プロに任せましょう。
 
 
自分に似合う服を選ぶためにパーソナルカラー、骨格診断などのチェックをしてもらい、ないたい雰囲気を伝えてプロにヘアスタイルを決めてもらいます。
 
 
メイクはアイメイク、とくに眉が大切です。まつ毛カールやエクステをするサロンで眉を整えてくれる所もあるので、自分の顔形に似合う眉にしてもらうのです。
 
 
ヘアスタイルと眉を決めると、驚くほど変わりますよ。
 
 
客観的に見てもらうことで自分を知ることができ、それが自信につながると思います。

 
 

【関連記事】
   ↓