この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。


 
こんにちは!
 
 
精神的に疲れると、体調までおかしくなってしまうことがあります。私はすぐ食欲がなくなって胃が痛くなってしまうんですよ。
 
 
そして昔の嫌な事を思い返してどんどんネガティブになっていき、何もかもが嫌になってしまうのです。
 
 
日本の社会で、本当にやりがいのある仕事をしている人って、どれぐらいいるでしょうか?
 
 
もし、あなたがそうなら、かなり幸運な人だと思いますよ。
 
 
でも、社会で生きていく以上、なんとか乗り切らなければいけません。
 
 
許容以上に精神的ダメージを受けるようなら、私は思い切って辞めるのも1つの方法だと思いますが、そうでもない場合、なんとか早めに回復したいですね。
 
 
体が疲れているだけなら、ゆっくり休息を取ればよいのですが、精神的な疲れは休んでもリラックスできず、頭の中で嫌なことがぐるぐる回ったりします。
 
 
まずは、精神的な疲れがどんなものか知ることが大切です。

 
 

スポンサーリンク

◆精神的な疲労は肉体的な疲労とは違うと知る

 

 
肉体的な疲労は、リラックスしてゆったり休息をとると、回復します。体が弱っているときや年齢を重ねると時間がかかるかもしれませんが、回復は難しくありません。
 
 
でも、精神的な疲れは、休日ゆっくり過ごしても、ずっとずっとその苦しさが続くのです。
 
 
精神的に疲労する環境にいる場合、その環境を変えるしか根本的に解決することはできないからです。
 
 
職場や学校での精神的ストレスの場合、環境を変えるのは不可能な場合が多いでしょう。
 
 
何より、仕事の場合、辞めてしまうとお金が入ってこなくなるので大問題です。
 
 
ですから、まず自分の心を回復するためにできるだけのことをするのがおすすめです。
 
 
根本的な解決にはならないかもしれませんが、精神を健康に保つために大事なことばかりです。
 
 
1つでもできることがあれば、試してみてほしいと思います。

 
 

スポンサーリンク

◆精神的疲労の特徴

 

 
精神的な疲労は目には見えないので、自覚しにくいです。気付いたときにはかなり深刻な状況になっていたなんてこともありますよ。
 
 
精神的な疲労には、このようなものがあります。
 
 
・体をしっかり休めても疲労感が取れない
・胃痛・吐き気・めまいなど身体に不調が表れる
・わけもなく涙がこぼれる
・身体を動かすと、疲労感が軽くなる
 
 
肉体と精神はつながっています。精神的な疲れが肉体的な不調を引き起こすことはたくさんありますし、また肉体的な疲れが精神的な疲れへと発展しすることも多いです。
 
 
例えば、私は精神的ストレスがかかると、すぐに胃が痛くなるんです。それもかなりひどい急性胃炎になって、過去に職場が変わったとき、胃潰瘍になったこともあります。
 
 
いつも、胃にくるので、胃が痛くなったとき、「あ、今、精神的にしんどいんだな私」と自分の心の状態が分かるのです。
 
 
頭痛に悩まされる、肩凝りがひどくなる、慢性疲労になるなど、人によっていろんな不調が表れます。
 
 
ですから、その反対に体によいことを働き掛けると心を回復させることもできるのです。
 
 
体から回復させる方法を3つ、心に働きかける方法を1つお伝えします。

 

 

(1)体を動かす(運動)

 

 
簡単な運動をすることが、精神的に疲れた時はとても効果があります。
 
 
一定のリズムで繰り返し行うジョギングやサイクリングをすると、幸福ホルモンのセロトニンが分泌されるからです。
 
 
運動をした後、すがすがしい気持ちになるのは、セロトニンの影響といわれます。
 
 
でも、運動嫌いな人は、特にがんばってする必要はありません。
 
 
私は運動が大嫌いです。普段もしたくないに、ストレスを感じているときにやれといわれても、余計にストレスがかかるだけですよ。
 
 
運動嫌いな人は、家の中で少し体を動かすストレッチ程度で十分だと思います。
 
 
「無理に」「がんばって」するのはよくないです。

 
 

(2)良質な睡眠をしっかりとる

 

 
ゆっくり良質な睡眠を取ると気分がすっきりします。
 
 
「しっかりごはんを食べて、ゆっくり眠る」これは、人が健康を保つための基本なのです。
 
 
休日にお昼寝するのも効果的ですよ。
 
 
30分ぐらいうとうとすると、頭がクリアになったということはないでしょうか?
 
 
私は在宅の仕事なので、お昼ごはんを食べて2時間ぐらいすると、集中力がなくなり眠~くなってきます。
 
 
そんなときは、無理せず寝ると、起きたらシャキーン!です。
 
 
お昼寝なんてするのはダメと考えてしまう自分に厳しい人は、精神的疲労がたまりやすいタイプだと思うので、気を付けてくださいね。
 
 
何事もがんばりすぎないこと、自分を大切にしてあげましょう。
 
 
ゆっくり眠って脳をリセットさせるのは、心の回復にとっても効果的なのです。

 
 

(3)バランスの良い食習慣を身につける

 

 
食事は量だけでなく、しっかり栄養のある食材を食べましょう。
 
 
特に、ビタミン・ミネラルは心身の調子を整える栄養素なので、とても大切です。
 
 
ビタミンB類・ビタミンCは疲労回復効果が高く、ビタミンAは目の疲労回復に、ビタミンEは血行改善効果があります。
 
 
できるだけ多くの自然食品を摂って、バランスの良い食事をしましょうね。
 
 
基本は和食のちょっと質素な朝ごはんで、昼・夜はそれに肉類などのたんぱく質を増やすとよいでしょう。
 
 
そんなに神経質にならないほうがよいと思います。できるだけインスタントやジャンクフードを避けるぐらいでもOKだと思いますよ。
 
 
外食が好きで気分転換になるなら、ちょっと贅沢なランチやディナーを楽しむのも素敵です。

 
 

(2)自分の好きなことに没頭する

 

 
自分の好きな事を好きなときにすると、楽しいワクワクした気分になりませんか?
 
 
精神的な疲労を回復させるには、気分が上がることを積極的にするというのがおすすめです。
 
 
自分が楽しい気分になれること、好きな事ならなんでもかまいません。
 
 
「楽しい」という感情を取り戻すことが大切なのです。
 
 
本当に心がワクワクしたら、今までのしかかっていた嫌なことが大したことがないように思えてきます。
 
 
あなたが内向型の人なら、家で1人でゆっくり読書をしたり、好きな映画を観たり趣味に没頭するとよいでしょう。
 
 
外向型の人なら、誰か友達を誘って、思いっきり遊びに出かけるとすっきりするでしょう。
 
 
日曜日に思いっきり自分の楽しい時間を過ごしておくと、月曜日が嫌で嫌でたまらないという気持ちが、少しやわらぐと思います。
 
 
いくつになってもワクワクする気持ちは、大切にしたいものです。

 
 

おわりに


結局、ストレスを解消し精神的に回復するのに大事なのは、
 
1.運動
2.睡眠
3.食事

 
なのです。
 
 
日々の生活の中に回復のヒントがあるのです。
 
 
裏返せば、精神的に疲労がたまっていると、この3つができない状態のときが多いということです。
 
 
嫌な事ばかり考えながら部屋に閉じこもりがちだったり、睡眠不足に陥ったり、食欲がなくて食べなかったり、ついジャンクフードで済ませたりしがちになるのです。
 
 
そういうときこそ、健康でいるための3つの基本を見直して、積極的にストレスを解消していきましょう。
積極的なストレス解消法を実践していきましょう。
 
 
仕事自体がストレスになっている場合は、職種を変えるなど前向きに考えることをおすすめしますが、仕事に関する人間関係がストレスの元の場合、職場を変えてもまた同じようなストレスを抱えるかもしれません。
 
 
ある程度は、自分で回復できるようにつとめたら、後はもう知らんというぐらいの開き直りも必要だと思いますよ。
 
 
そうして、ワクワクすること、楽しいことに気持ちを向けましょう。

 
 
【関連記事】
   ↓


 

 

スポンサーリンク