この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。


 
こんにちは!
 
あなたは「夢」や「希望」があったとしても実現するのは難しい、だから「夢は夢」なのだと思っているのではありませんか?
 
 
それでは、無難で安定した人生を歩むことが幸せだと思いますか?

 
 

スポンサーリンク

◆本気で好きを仕事にするためには覚悟が必要

 

 
あなたは好きなことを仕事にしするなんて無理なこと、まだキラキラと目を輝かせていた幼いころにそんな風に大人に言われたことがあるかもしれません。
 
 
私はありますよ。
母に・・・(涙)
 
 
いろいろありましたが、そのとき私が思ったのは「お金の問題かよ!」ってことでした。
 
 
私は今後日本で生きていくためには、「自分の力でごはんを食べる」ことは必須だと思っています。ですから、経済力を身につける事の大切さはよく分かっています。
 
 
でも、母が世の中のことをくわしく知っている人でないのは、当時の私にも分かりました。
 
 
彼女は「自分の敷いた道以外を進むこと」=「価値のない事」と決めつけていたのです。
 
 
こういう例は、あちらこちらにあります。芸術家になりたいと言って親に勘当されたとか・・・
 
 
あなたが本気で好きなことを仕事にしようと思ったとき、最初に覚悟しておかなければいけないことがあります。
 
 
それは、よほどの職業でないかぎり、始めは「収入が不安定になる」ということです。そして、周りの協力が得られない場合、「その反対に打ち勝つ精神力が必要」ということです。
 
 
たとえば、今どこかの会社で働いている場合、そこを辞めるとなるとその時点で収入がなくなります。ですから、好きな事で「お金を稼いで」生活すると本気で覚悟して取り組まなければいけないのです。
 
 
実際にそれに直面すると、なかなか一歩を踏み出せないものですよ。
 
 

スポンサーリンク

ドリームキラーには近づかない

 

 
夢に向かって何かに取り組むとき、それを打ち砕こうと邪魔をする人がいます。
 
 
それがドリームキラーと呼ばれる人たちです。彼らには2つのタイプがあります。
 
 
1つは、自分ができないことに挑戦し成功しようとするあなたを嫉妬し邪魔をする人たち、もう1つは、本気でそんなことをしては人生が台無しになると思って「あなたのために」善意で全力で邪魔をしにくる人たちです。
 
 
前者は会社の同僚などに多く、後者は親など身内に多いです。
 
 
もっとも気をつけなければいけないのは、後者のドリームキラーです。自分に近い人で、しかも善意で言うだけ質(たち)が悪いです。
 
 
価値観の違いは、話し合いで埋める事は難しいです。世代にギャップがあればなおさらですよ。
 
 
そんなことに時間を使い大きなストレスを感じて、やる気をそがれてしまっては大変です。
 
 
ドリームキラーは、ぶっ飛ばすのではなく、受け流してなるべく関わらないように離れましょう。

 

 

◆気を付けたい「お金」のこと

 

 
私たちは、お金をなくすことに対して大きな恐怖心を持っています。でも、自分の理想の生き方を手にいれている人は、ここを乗り越えてた人たちなのです。
 
 
誰が見てもすごいことかもしれませんし、私のように大したことがないことかもしれません。
 
 
それは、あなたの夢次第だからです。
 
 
例えば、私の場合は、満員電車に揺られて人の言う事を聞くだけの会社勤めをせず、誰に妬まれることなくこっそりひっそり家でお金を稼いでごはんを食べていくことです。
 
 
大したことじゃないでしょ?
でも、私の「夢の生活」はそれだったのです。
 
 
オンライン講師とブログ収入(他に2ブログ運営)で、自分が食べる分の収入は得られています。
 
 
はたから見ていると、パソコンに向かって遊んでいるようにも見える作業ですよ。
 
 
私は家にこもりたいタイプで、何よりしたいことを仕事にできているので満足なのです。
 
 
嫌な事は我慢してまでしたくないけれど、なりたい自分になるための努力(我慢)は辛抱強くできるのです。

 
 

段取りをしっかりと考えてから実行に移す

 

 
人生は長いように見えて、あっという間に終わってしまいます。
 
 
ですから、夢に向かって進もうと決めたなら、すぐにでも行動することが大切です。
 
 
でも、だからといって、今の仕事をすぐに辞めて、やりたいことに突き進みましょうというわけではありません。
 
 
あなたに今、ある程度の収入があり夢に向かう余力があるなら、仕事をしながら取り組むことをおすすめします。
 
 
それが事業ならまずは副業として軌道にのるように、資格の必要な専門職なら勉強に充てる時間を意識的に作って取り組みましょう。
 
 
もしも、それに専念しなければ叶えられないのなら、節約をしてある程度お金を貯めてか退職するほうがよいでしょう。
 
 
実家が資産家、もともと貯金がたくさんあるという人は別ですけど、お金がないという恐怖は心に大きなストレスを与えます。
 
 
ですから、間違っても生活する手段をまったく考えずに夢に向かって突き進むんだと仕事を辞めるのはやめましょう。

 
 

活きたお金の使い方をする

 

 
収入が不安定になることは、実際に体験すると、ものすごい恐怖だと思います。
 
 
いったん、お金に対してネガティブなイメージを持ってしまうと、お金の使い方を間違えて余計に好きことに邁進できなくなるんですよ。
 
 
よく言われることですが、お金に目的を持たせて「活きた使い方」をすることが大切なのです。
 
 
それは、実はとてもシンプルなことです。
 
 
消費を減らして浪費をやめ、貯金に回すのではなく自分自身に投資するのです。
 
 
物にお金を使う場合、使ったり食べたりすればそれで終わりですね。
 
 
でも、自分に投資をすると夢の実現に近づきます。たとえば、資格試験にスムーズに合格するために専門学校の学費に使ったりするのが、自己投資です。
 
 
お金は、自分が本当に幸せだと思える暮らしをつかむための道具です。ですから、使い方次第で、とてもあなたの人生に役立つものになるはずです。

 
 

おわりに


好きな事を仕事にしようと考えるとき、覚悟しなければいけない2つのことをお伝えしました。
 
 
1.ドリームキラーの存在
2.お金(生活費)の問題

 
 
どちらもとても大きな問題です。
それを乗り切るには、情熱だけでなく周到な計画力が必要です。
 
 
実現できるために、まずはじっくり考えて計画を立てましょう。

 
 【関連記事】
   ↓


 

 
 

スポンサーリンク